「アーバンシラットアドヴァンスド練習会」6月5日(土)


 こちらの週末練習会はシラットの中級者以上の方を対象とした週末練習会となります。

 初参加の方や初心者の方のご参加される練習会では極力手数の少ない動きからスタートし、あまり複雑難解になり過ぎないように心がけてカリキュラムを作成しているのですが、6月5日の「アーバンシラットアドヴァンスド練習会」ではより踏み込んだやや難易度の高い内容を行なう予定です。

 *初参加の方や初心者の方もご参加いただけますし、個々の技法を分解して少ない手数から徐々に増やしていく形となりますが、全体的にやや中級者から上級者向けの内容となります点をご了承下さい。

 *職業上の理由により参加を伏せておきたい方は遠慮なくお知らせ下さい。写真や映像に一切映らないよう配慮いたします。

 *武道や武術、格闘技経験や運動経験のない一般の方もご参加いただけますのでどうぞお気軽に。

 練習内容としましては主に相手の両腕を封鎖する大人気技法「labai」を手数少ないパターンからそれなりに手数の多い上級者向けのパターンまでを練習予定です。
 また、シラットでは最重要の練習法となりますKILAP(二人一組で行なう型」の中でも決まった13動作をお互い交互に行なうパターンまで出来ればと考えております。

 *内容は独立しておらず、全てがリンクするようにカリキュラムを組んであります。  
 *基本的に激しい動きは行わず、”ゆるい”練習が中心ですので武道、武術、格闘技やスポーツ経験などは一切問いません。   
 *動きは一見複雑に見えますが、実はごく単純な動きを複数組み合わせているだけです。           
 *どうしても男性の参加者が多めとなってしまいますが、もちろん女性のご参加大歓迎です。


 *シラットという武術の特性上、二人一組で組んでの対人練習が多くなりますため、感染症に対して過敏になられている方のご参加はお勧めしておりません。また、特定の感染症対策を参加者様に強制することもいたしておりませんため、各々の判断でお願いいたします。

参考動画

 シラットの基本から応用技法までを実演しました映像です。

 初心者の方向けに手数の少ない動きから徐々に手数の多い動きへと行なうようにしていますが、それだけでは面白くないですので応用技法も少しだけお見せしました。

「アーバンシラットアドヴァンスド練習会」 概要 

 *時間内にお着替えや休憩時間なども含みます。
 *参加されている皆様の様子を見て柔軟にカリキュラムを変えます。  
 *技法は独立してはおらず、全ての内容がリンクする形となります。
 *時間の関係などで下記のカリキュラムが全て消化出来ないこともありますがご了承お願いします。

 ・基本スタンス
 ・基本フットワーク
 ・より高度な技法のためのフットワーク
 ・5 beat kilap
 ・7 beat kilap
 ・13 beat kilap
 ・基本のlabai(手数少ないパターン)その1:上から反対側の手首を掴んで両腕を封鎖する初心者向けのlabaiとなります。 
 ・基本のlabai(手数少ないパターン)その2:今度は相手の腕の下から反対側の手首を掴みます。「基本のlabai(手数少ないパターン)その1」よりほんの少しだけ難易度が上がります。 
 ・基本のlabai(手数がやや多いパターン):アーバンシラットでは基本のlabaiとして行なってますパターンです。やや手数が多いですので初めての方には難しいかもしれませんが、こちらができれば大半のlabaiパターンが再現できると考えています。 
 ・基本のlabai(手数がやや多いパターン)応用1:基本的な動きは「基本のlabai(手数がやや多いパターン)」とほぼ同じなのですが、一時的に相手の手首を自分の肘の内側に引っ掛けます。 基本のlabai(手数がやや多いパターン)応用2:相手の手首を自分の首に引っ掛けるという以外は「基本のlabai(手数がやや多いパターン)応用1」とほぼ同じです。 
 ・基本のlabai(手数がやや多いパターン)応用3:相手の手首を脇に挟むパターンです。こちらも相手の手首を挟む位置が変わっただけで今までとほぼ同じになります。  
 ・基本のlabai(手数が多いパターン):「基本のlabai(手数がやや多いパターン)」と途中までは同じですが、そこからさらに手数が増えます。最終的には相手の背後に廻りこんで頭部を捕らえる、もしくは髪を掴んで引きずり倒すこととなります。 
 ・アドヴァンスドlabai(手数少ないパターン)1:自分の身体の側面に引っ掛けて相手の両腕を封じるパターンです。持ち替えが少ないために通常のlabaiよりも素早く技に入ることが出来ます。 
 ・アドヴァンスドlabai(手数少ないパターン)2:今度は下から相手の反対側の手首を捕らえて自分の身体の側面に引っ掛けます。 
 ・アドヴァンスドlabai(前腕に引っ掛けるパターン)1:相手の手首を一時的に右前腕へ引っ掛けてからlabaiの形へ封鎖するパターンの一例です。  
 ・アドヴァンスドlabai(前腕に引っ掛けるパターン)2:「アドヴァンスドlabai(前腕に引っ掛けるパターン)1」とほぼ同じなのですが、相手の両手首を掴んで逆時計回りに回転させる動作が入ります。 
 ・アドヴァンスドlabai(相手の内側へ入るパターン)1:相手の内側へ入りながらlabaiへとつなぐパターンです。ちょっと分かりづらいですので分解して徐々に手数を増やすように解説しました。 
 ・アドヴァンスドlabai(相手の内側へ入るパターン)1その補足説明:技へ入る際に実際は出来るだけ肘を連続させて入っていくようにします。そうしないと相手に反撃を許してしまいます。 
 ・アドヴァンスドlabai(相手の内側へ入るパターン)2:内側へ入って両腕を重ねる際に今度は相手の右手首が上に来るようにします。 
 ・アドヴァンスドlabai(相手の左腕を捕らえてからのパターン)1:今まで相手の右腕を捕らえてからlabaiへつないでいましたが、今度は相手の左腕を捕らえてからlabaiへ入ります。ここから一気に手数が増えるため、難易度が少し高いかもしれません。 
 ・アドヴァンスドlabai(相手の左腕を捕らえてからのパターン)2:動きのほとんどは「アドヴァンスドlabai(相手の左腕を捕らえてからのパターン)1」と同じですが、最終的には自分の身体の側面を利用して相手の両腕を封鎖します。 
 ・アドヴァンスドlabai(相手の下腹部を打つ動作が入るパターン):途中までは「アドヴァンスドlabai(相手の左腕を捕らえてからのパターン)1」同じですが、相手の下腹部を打つ動作を入れてからlabaiへつなぐために後半の動きが更に複雑化します。

日時  6月5日(土):13:00~15:00

 *参加者様の様子を見て間に短い休憩を複数回挟む形となります。
 *上記時間内に休憩時間や退出時間も含まれます。
会場  東京都渋谷区千駄ヶ谷3-53-2 BIZ原宿 B1 「スタジオワークル原宿」
参加費  3500円

 *銀行振り込みもしくはクレジット払いがお選びいただけます。
参加枠  5名様のみ受付となります

 *こちらにスタッフさん数名様が加わる形となります。
必要な持ち物  ・動きやすい服装 
 ・室内履き 
 ・水分
 ・マスク(任意です。ワクチン接種者や何らかの理由によりマスクが装着できない方は必要ありません)
参加資格  ・反社会的な組織や暴力組織に所属していない方。 
 ・お互い怪我の無いように練習相手にご配慮いただける方。 
 ・”ゆるく”て”のほほん”とした練習に賛同いただける方。 

 *アーバンシラット協会では相手に重大な損傷を負わせるような技法や武器術も行ないますが、暴力的な行為を良しとしてはおりません。技術を悪用し他人を傷つけた場合は逮捕起訴され、厳しい刑罰を科せられることとなります。
備考  *職業上の理由やその他ご都合により、参加を伏せておきたい方はお気軽にお知らせ下さい。撮影の映像にけして映り込まないよう配慮いたします。。
 *態度が粗暴な方、技の力加減がコントロールできず、練習相手を怪我させる可能性のある方は途中退場していただく場合もありますのでご了承下さい(参加費は返金いたしません)。
 *職業上の都合やその他の理由により撮影不可の方はお申し出いただけましたら決して撮影しないよう配慮できます。

 *シラットという武術の特性上、二人一組で組んでの対人練習が多くなりますため、感染症に対して過敏になられている方のご参加はお勧めしておりません。また、特定の感染症対策を参加者様に強制することもいたしておりませんため、各々の判断でお願いいたします。
キャンセルポリシー  *当日キャンセルや無断キャンセルが増えましたため、以下のキャンセルポリシーを定めさせていただきます。

 実施日2週間前まで:キャンセル料50%
 実施日1週間前まで:キャンセル料70%
 実施日一週間を過ぎますと:キャンセル料100%

参加申し込みはこちら

 参加ご希望の方は下記の項目にご記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。

 *警察様のご指導により参加者の情報をチェックするように言われておりまして記入漏れのないようお願いいたします。  
 *「送信」後にすぐメールアドレス宛てに自動返信メールが送られます。もし届かない場合はメールアドレスが間違っていないか今一度ご確認いただけますでしょうか? 
 *備考欄へご質問などご記入いただきました場合は後ほど個別に返信いたします。
 *過去に複数回ご参加いただいている方は下記フォームへご記入の必要がありません。参加ご希望の旨をurbansilat@gmail.comまで直接お知らせ下さい。

 *「送信」後にすぐメールアドレス宛てに自動返信メールが送られます。もし届かない場合はメールアドレスが間違っていないか今一度ご確認いただけますでしょうか?