段位認定

 アーバンシラット段位制の審査基準です。

 段位は3級から5段まであり、多くの流派と同じように初段までが比較的簡単ながらもそれ以降が急激に難しくなります。

 *人物の技量に合わせて最初に受ける審査のレベルが変わります。。
 *スピードよりも各々の技法を正確に駆使できることが重要視されます。
 *様々な技法を複数まとめ、アドリブ的にコンビネーションを自由に作ることが出来ることが高段位になるほど重要視されます。
 *重度な犯罪歴のある人物、反社会的な考えをお持ちの方は審査を受けることができません。
 *また、高段位になるほど指導力や人間性(目下の者に対して高慢な態度を取らない・・・など)が審査基準の一つとなります。
 *審査料は3000円となります。
 *希望される方には免状を発行いたします(免状発行手数料が5000円となります)。
 *3段(アシスタントインストラクターレベル)は支部同好会を主催できるレベルとなります。
 *4段(オフィシャルインストラクターレベル)はセミナー形式の練習会を主催できるレベルとなります。
 *5段(アドヴァンスドインストラクターレベル)は定期的な教室を主宰できるレベルとなります。

アーバンシラット3級 審査項目

 *該当の級を取得するまでの年月は一ヵ月半が目安となります。 
 *単発の週末練習会のみご参加の場合は計12時間の練習に参加して後に受験資格が与えられます。 
 *取得するまでの年月日はあくまで目安となります。上記の年月日に達していない場合でも技術が優れていると判断されました場合はこの限りではありません。

 ・右の喧嘩フックの防御
 ・基本の肘4種類
 ・肘のコンビネーション
 ・掴みに対しての防御(肘のコンビネーション)

アーバンシラット2級 審査項目

 *該当の級を取得するまでの年月は2ヵ月半が目安となります。 
 *単発の週末練習会のみご参加の場合は計18時間の練習に参加して後に受験資格が与えられます。 
 *取得するまでの年月日はあくまで目安となります。上記の年月日に達していない場合でも技術が優れていると判断されました場合はこの限りではありません。

 ・ランダムなパンチに対する肘ブロック
 ・右の喧嘩フックの防御からショルダーロック
 ・胸倉つかみへの返し技(2パターン)

アーバンシラット1級 審査項目

 *該当の級を取得するまでの年月は3ヵ月が目安となります。 
 *単発の週末練習会のみご参加の場合は計24時間の練習に参加して後に受験資格が与えられます。 
 *取得するまでの年月日はあくまで目安となります。上記の年月日に達していない場合でも技術が優れていると判断されました場合はこの限りではありません。

 ・1 BEAT PASS
 ・2 BEAT PASS
 ・3 BEAT PASS
 ・KILAP(4挙動、ストレートパンチ)
 ・ショルダーロック
 ・WHEEL THROW(2パターン)
 ・ネックレンチ

アーバンシラット初段 審査項目

 *該当の段位を取得するまでの年月は6ヶ月が目安となります。 
 *単発の週末練習会のみご参加の場合は計36時間の練習に参加して後に受験資格が与えられます。 
 *取得するまでの年月日はあくまで目安となります。上記の年月日に達していない場合でも技術が優れていると判断されました場合はこの限りではありません。

 ・KILAP(5挙動、肘打ち含む)
 ・上記のKILAPからのショルダーロック
 ・上記のKILAPからのWHEEL THROW
 ・上記のKILAPからのネックレンチ
 ・上記のKILAPからのキンジャプターカパラ
 ・上記のKILAPからのフィギュア4
 ・上記のKILAPからのガジャプターカパラ

アーバンシラット2段 審査項目

 *該当の段位を取得するまでの年月は1年が目安となります。 
 *単発の週末練習会のみご参加の場合は計60時間の練習に参加して後に受験資格が与えられます。
 *取得するまでの年月日はあくまで目安となります。上記の年月日に達していない場合でも技術が優れていると判断されました場合はこの限りではありません。

 ・カランビットフリップアクション(自由コンビネーション)
 ・カランビットでKILAP(4挙動、5挙動、グンティン)
 ・カランビットでショルダーロックのパターン
 ・カランビットでネックレンチのパターン
 ・カランビットでWHEEL THROWのパターン
 ・5挙動KILAPからカランビットでショルダーロックのパターン
 ・5挙動KILAPからカランビットでネックレンチのパターン
 ・5挙動KILAPからカランビットでWHEEL THROWのパターン
 ・グンティンKILAPからカランビットでショルダーロックのパターン
 ・グンティンKILAPからカランビットでネックレンチのパターン
 ・グンティンKILAPからカランビットでWHEEL THROWのパターン
 ・カランビットショルダーロックのパターンから別技法への切り替え

アーバンシラット3段(アシスタントインストラクターレベル) 審査項目

 *該当の段位を取得するまでの年月は1年半から2年が目安となります。 
 *単発の週末練習会のみご参加の場合は計100時間の練習に参加して後に受験資格が与えられます。 
 *取得するまでの年月日はあくまで目安となります。上記の年月日に達していない場合でも技術が優れていると判断されました場合はこの限りではありません。

 ・ショルダーロックからの連行技法
 ・フィギュア4からの連行
 ・ハンマーロック
 ・トライアングルロック
 ・ダブルリストロック(キムラロックもしくはサクラバロック)
 ・エクステンドアームロック
 ・ベアハグチョーク
 ・ヒューマンキャッチャー
 ・セキュリティチョーク
 ・グースネック(複数種類)
 ・テイクダウンからの制圧(複数種類)
 ・LOCK FLOW(3から5技法を含むコンビネーション)
 ・その他に代表(高岸)が必要と判断した審査項目

アーバンシラット4段(オフィシャルインストラクターレベル) 審査項目

 *該当の段位を取得するまでの年月は2年半が目安となります。 
 *単発の週末練習会のみご参加の場合は計200時間の練習に参加して後に受験資格が与えられます。
 *取得するまでの年月日はあくまで目安となります。上記の年月日に達していない場合でも技術が優れていると判断されました場合はこの限りではありません。

 ・KILAPの左右切り替え(複数種類)
 ・スティックを使用したKILAP
 ・スティックを使用した関節技、逮捕術、絞め技数種
 ・ウェポンリテンション(武器を奪われないためのテクニック)
 ・素手対スティックのディスアーム(数種)
 ・スティック対スティックのディスアーム(数種)
 ・シングルスティックのコンビネーション
 ・ダブルスティックHEAVEN6
 ・ダブルスティックWINDMILL
 ・ダブルスティックCROSS
 ・ダブルスティックETERNAL
 ・ダブルスティックINFINITY
 ・ダブルスティックのコンビネーション
 ・その他に代表(高岸)が必要と判断した審査項目

アーバンシラット5段(アドヴァンスドインストラクターレベル) 審査項目

  該当の段位を取得するまでの年月は3年が目安となります。 
 *単発の週末練習会のみご参加の場合は計250時間の練習に参加して後に受験資格が与えられます。 
 *取得するまでの年月日はあくまで目安となります。上記の年月日に達していない場合でも技術が優れていると判断されました場合はこの限りではありません。

 ・KILAP(ハンマーパンチ)
 ・KILAP(アッパー)
 ・KILAP(フック)
 ・7 BEAT KILAP
 ・KILAP(自由コンビネーション)
 ・複数種類混合KILAP
 ・基本のディスアームSTRIP
 ・基本のディスアームSNAKE
 ・基本のディスアームREVERSE
 ・ショルダーロックからのディスアーム
 ・ダブルリストロックからのディスアーム
 ・リストロックディスアーム
 ・ディアーム技法のコンビネーション
 ・ナイフ脅迫への返し技(数パターン)
 ・通り魔攻撃への返し技
 ・ランダムなナイフ攻撃の受けとディスアーム
 ・その他に代表(高岸)が必要と判断した審査項目